「確執が終わったのか?」シャラポワさんとセリーナ・ウィリアムズの“共演”に驚きの声

2021年09月16日 05時15分

「メットガラ」に登場したシャラポワさん(ロイター)

 女子テニスの大坂なおみ(23=日清食品)が参加し、話題となったファッションの祭典「メットガラ」で、大物女子テニス選手たちの行動が注目を集めた。

 元世界女王で昨年引退したロシアのマリア・シャラポワさんは、インスタグラムでセリーナ・ウィリアムズ(米国)とビーナス・ウィリアムズ(米国)との笑顔3ショットを投稿。これにはロシアの「スポーツ・エクスプレス」が「確執が終わったのか?」と報道。米「ニューヨーク・ポスト」も「長年のライバル・シャラポワとセリーナが一緒に写真を撮った」と報じた。

 両者については、シャラポワさんが自叙伝で2004年のウィンブルドン選手権でセリーナに勝った時から続く確執を赤裸々に明かすなど、バチバチのライバル関係だったことで知られている。その2人が、笑顔で並んだことが驚き、というわけだ。

 さらにオーストラリア「ニュース・ドットコム」は「ファンは衝撃のトイレ写真に驚いた」と2人の関係を詳報。別のセレブが、会場のメトロポリタン美術館化粧室の写真をSNSに投稿。鏡越しにシャラポワさんとセリーナがなごやかに談笑している姿が映っており「シャラポワのインスタ写真の2人の笑顔は偽りではなかった」と両者の〝和解〟は本物と報じた。

 大坂のファッションといい、テニス界にとっても話題満載のイベントだったようだ。

関連タグ: