【全米OP】姉ビーナス・ウィリアムズも欠場「スーパースーパースーパー残念」

2021年08月26日 16時20分

全米オープンを欠場するーナス・ウィリアムズ(ロイター)
全米オープンを欠場するーナス・ウィリアムズ(ロイター)

 テニスの4大大会・全米オープン(30日開幕)欠場を表明した元世界女王のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に続き、姉のビーナス・ウィリアムズ(米国)も欠場を明かした。

 自身のSNSで「残念なお知らせ。セリーナ、ナダル、フェデラーに続く故障者リストに載った」の文とともに動画を投稿。足のケガでプレーできないことを「スーパースーパースーパー残念」と話した。ビーナスは主催者推薦で出場予定だった。

 今大会は男子のロジャー・フェデラー(スイス)とラファエル・ナダル(スペイン)も欠場する。

関連タグ:
 

ピックアップ