錦織「来年はグランドスラムの優勝目指して頑張りたい」

2014年11月18日 20時52分

グランドスラム優勝を来年の目標に掲げた錦織圭

 男子テニスの最終戦ATPツアー・ファイナル(ロンドン)でベスト4入りを果たした錦織圭(24=日清食品)が18日、都内の日本記者クラブで会見した。

 今季は9月の全米オープンでアジア勢初となる準優勝したのをはじめ、ツアー4勝をマーク。世界ランクも5位まで上昇しシーズンを終えた。「充実した1年だった。来年もこの調子でトレーニングをして、今年以上の結果を残したい」と錦織は目を輝かせた。

 今季の大躍進については、マイケル・チャン・コーチ(42)の指導を受けたことが大きな要因になっているという。

「思った以上に自分が攻められるボールが増えた」

 全米オープン準決勝で世界ランク1位のノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)と戦う前日には、同コーチに1日5回「自分を信じろ」と言われ、大金星を実現した。

 

「メンタル面でも助けてもらっている。テニス以外にも支えになっている」

 

 心身ともにチャン・コーチの効果を感じた1年だった。

 

 過酷なシーズンを終え17日に帰国。その夜に好物のノドグロも食べた。

 

「2週間のオフは唯一実家に帰れる時間。家族、親戚、友達に会える。できるだけテニスを忘れ、ラケットを握らずリフレッシュしたい」と笑顔。続けて「グランドスラムで優勝できるところにいると思うので、来年は優勝目指して頑張りたい」ときっぱり。

 

 十分に充電し、来季の躍進につなげる。

関連タグ: