錦織マリー撃破で自信 フェデラーにも勝てる

2014年11月10日 20時00分

【英国・ロンドン9日(日本時間10日)発】男子テニスの年間成績上位8人による今季最終戦、ATPツアー・ファイナルが同地のO2アリーナで開幕した。世界ランク5位でアジアから初出場の錦織圭(24=日清食品)は、1次リーグB組初戦で同6位のアンディ・マリー(27=英国)に6―4、6―4のストレートで快勝。過去3戦全敗だった難敵に、錦織陣営が望む理想的な形で歴史的1勝を挙げた。次戦は11日にロジャー・フェデラー(33=スイス)と対戦する。

 

 

 錦織の強さだけが際立った。第1セットを先取して迎えた第2セット第10ゲーム。錦織が5―4とリードし、マリーのサービスゲームを豪快なボレーから先にポイントを奪うと、マリーのセカンドサーブを鋭いバックハンドストレートでリターンエース。30―0とリードし、相手にプレッシャーをかけた。そこから1ポイントずつ奪い合って、40―15で2つのブレークポイントを握るマッチポイント。最後はマリーのストロークがアウトになり、ツアー・ファイナル初勝利を決めた。


“まだまだ初戦に勝っただけ”と言いたげな冷静な表情でガッツポーズを決めた錦織は「大きなスタジアムで緊張はありましたが、自分のテニスでマリーに勝ってうれしい。3連敗していて、少なからず苦手に感じていたところもあったので、その思いをどれだけなくして臨めるかがキーだった」と振り返った。


 最大2万人収容可能なO2アリーナは超満員。大会の開幕戦という目玉ゲームで、地元のマリーとの対戦と完全なアウェーだった。序盤は一進一退の攻防。互いにサービスゲームをキープし、2―2で迎えた第5ゲームで先にマリーにブレークを許してしまう。しかし、続くゲームでブレークバック。しつこく食らいつくと、5―4で迎えた第10ゲームもブレークに成功。過去3戦全敗で1セットも奪ったことがないマリーから、4戦目で初めてセットを奪った。


 これで勢いに乗ると、第2セットも錦織が3ゲームを連取。サービスが決まらず、マリーに粘られたが終始主導権を握った。「先にブレークされて嫌な展開だったが、すぐにブレークバックできた。今年の自分は心技体で全く新しい状態。しっかり勝利をもぎ取れた」。コメントにも余裕が感じられた。

 

関連タグ: