錦織惜しい ナダル撃破の快挙目前で悔しい棄権

2014年05月13日 08時00分

【スペイン・マドリード11日(日本時間12日)発】テニスのマドリード・オープン男子シングルス決勝が行われ、世界ランキング12位の錦織圭(24=日清食品)が同1位のラファエル・ナダル(27=スペイン)に6―2、4―6で迎えた第3セットを0―3でリードされたところで棄権し、準優勝に終わった。王者をあと一歩のところまで追い詰めたが、第2セット途中で腰を痛めてスローダウン。男女を通じて日本選手初となるツアー出場2大会連続優勝を逃した。25日開幕の全仏オープン(ローランギャロス)に向けて、期待と不安が入り交じる結果となった。

 


 王者撃破と2大会連続Vのダブル快挙達成は手の届くところまできていた。第1セットを6―2で奪い、第2セットも4―2とリード。あと2ゲーム奪えば、歴史が大きく動くはずだった。


 だが、錦織の肉体は限界を超えていた。第2セットの第7ゲーム中、左腰に異変が生じて突如動きが鈍くなって治療を求めた。第9ゲーム後にもメディカルタイムアウトを要求。マッサージを受けたが調子は戻らず、4ゲーム連続で失って4―6で落とした。第3セットに入ってからはボールを全力で追えなくなり、0―3となった時点で棄権を申し出た。


 表彰式に出席した錦織は、最後までプレーできなかったことを観客に謝罪した。そのうえで「スペインは第2のホームと思っている。来年、また戻ってきます」とスピーチ。2週前の「バルセロナ・オープン」で優勝してスペイン国民に大きなインパクトを残していたこともあり、盛大な拍手で健闘をたたえられた。


 それでも、打倒・ナダルの可能性は十分に感じさせる試合内容だった。第1セットから激しい打ち合いを演じ、第3、第5ゲームでブレークに成功。第8ゲームもサービスエースで締めて、6―2で第1セットを奪った。ナダルは今大会初めてセットを失った。


 第2セットも第1ゲームからブレークに成功。第2ゲームは0―40と追い込まれたが、粘りに粘って3度のブレークのピンチを脱出した。その後はキープを繰り返し、4―2として勝利まであと2ゲーム。だが、錦織の体は最後まで持たなかった。


 テニス選手としては小柄な178センチ。「エア・ケイ」に代表される豪快なプレーは肉体を酷使し、昨季までは、好成績を挙げても次の大会を欠場したり途中棄権ということが多かった。さらなるレベルアップを求めた今季からは、1989年全仏王者のマイケル・チャン氏(42)に師事。「頑強な体がないと多彩なショットや才能が生かせない」というチャン氏の考えの下、錦織は厳しい練習を重ねた。


 その結果は1月の全豪オープンで早くも出た。4回戦でナダルに0―3で敗れはしたが、3セットともに接戦。3月のマイアミ・オープンでは準々決勝で元世界ランク1位のロジャー・フェデラー(32=スイス)を撃破した。4月のバルセロナ・オープンでは苦手のクレーコートで初めて優勝し、チャン氏の指導は確実に錦織を変えていった。


 準優勝という結果に終わったが、今大会後に発表される世界ランクは現在の12位から9位になることが確定している。錦織の勢いはまだ止まりそうにない。

関連タグ: