大坂なおみ 出場中「W&S OP」準決勝を棄権 非武装の黒人男性が警官に撃たれた事件への抗議か

2020年08月27日 11時19分

大坂なおみ

 女子テニスの世界ランキング10位、大坂なおみ(22=日清食品)のマネジメント会社は26日(日本時間27日)、大坂が出場中のウエスタン&サザン・オープンの準決勝(27日=同28日)を棄権すると発表した。

 同日に、ツイッターを更新した大坂は英語と日本語で声明を出し「私はアスリートになる前は黒人女性です。また、黒人女性としては、テニスをしているのを見るよりも、すぐに気をつけなければならない重要な事柄があるように感じます。白人スポーツの中で会話を始めることができれば正しい方向への第一歩だと思います」などと書き込み、ウィスコンシン州で非武装の黒人男性が警官に銃撃された事件への抗議として参加を取りやめるようだ。

 大坂はこの日、準々決勝で世界20位のアネット・コンタベイト(24=エストニア)を4―6、6―2、7―5と逆転で勝利し、準決勝では世界22位のエリーズ・メルテンス(24=ベルギー)と対戦する予定だった。今大会後の31日に開幕する4大大会の「全米オープン」にも影響しそうだ。