【テニス】コロナ騒動を起こしたジョコビッチが復帰初戦を快勝!

2020年08月25日 11時56分

ジョコビッチ

【米ニューヨーク24日(日本時間25日)発】男子テニス世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(33=セルビア)が男女共催大会の「ウエスタン&サザン・オープン」に第1シードとして2回戦から登場。初戦を7―6(7―2)、6―4のストレートで勝利した。

 世界72位のリカルド・ベランキス(30=リトアニア)を相手に第1セットはタイブレークにもつれるなど手こずったが、第2セットは難なく奪って白星を挙げた。

 ジョコビッチは6月に慈善大会「アドリア・ツアー」を母国とクロアチアで主催。マスクを着用しない観客を入れたり、選手同士で握手やハグをするなどコロナ対策を怠ったことで、自身を含めた参加者が相次いで陽性となり、批判の声が上がっていた。