“悪童”マッケンロー健在!錦織から主役の座奪う

2013年11月18日 16時00分

 17日、東京・有明コロシアムで行われたチャリティーイベント「日清食品ドリームテニス」で往年の名プレーヤー、ジョン・マッケンロー氏(54=米国)が錦織圭(23=日清食品)から主役の座を奪った。

 

 現役時代のマッケンロー氏は“悪童”と呼ばれ、審判に食ってかかるなど神経質な暴れん坊として有名だった。しかし、日本での試合は1992年以来というこの日、現役時代の悪態をギャグに変えた。クレームを付けたり、ラケットを投げたり、コートに寝転んだりとやりたい放題だったが、会場は大爆笑。

 

 さらには、現役時代をほうふつさせる金髪アフロのウイッグを観客から奪いとると、そのままかぶってプレーした。観客ウケでは錦織はもちろん、松岡修造氏(46)にも完勝するエンターテイナーぶりだ。

 

 プレーでも「ボールが伸びてくるし、サーブが読めないし予想以上に強かった。テクニックがすごい」と現役世界ランク17位の錦織が驚く技術を披露。多彩な才能を持つテニス界のレジェンドは「今までより一つ上のレベルを目指すことが大切。そのために常に攻撃的に、前に出ることが重要」と、最後は錦織に真面目なアドバイスを送った。

関連タグ: