【テニス】錦織 パラ発表会で見せたユーモアな一面

2019年11月28日 16時30分

錦織がパラリンピックのイベントに参加

 復帰への第一歩だ。男子テニスの錦織圭(29=日清食品)が順調な回復ぶりを見せている。

 春から右ヒジ痛に悩まされていた錦織は、全米オープン後に戦線離脱し、10月22日に右ヒジの手術を受けた。「今はリハビリをしています。いい状態で来年を迎えられるように準備しているので、この時間を有意義に過ごして意味のあるリハビリ期間にしたいです」とし、すでに19日にはラケットも握り、ボールを打ち始めているという。

 27日には、都内で行われた「LIXIL 東京2020 パラリンピック聖火リレー」の発表会に出席。錦織が「身近なヒーローは松岡修造さん(52)です」と話すと、会場が笑いに包まれ、思わず「笑うところじゃないですよ」とツッコむなど、ユーモアあふれる一面も見せた。東京五輪に向けては「一番の目標なので、いい準備をしたい」と意気込んだ。

 悲願の4大大会制覇、五輪2大会連続のメダル獲得へ。万全な状態で勝負の年に挑む。