新生・大坂なおみ コーチ解約から無傷の5連勝!

2019年09月29日 15時48分

【中国・北京29日発】テニスの中国オープン女子シングルス1回戦で、世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)が同76位のジェシカ・ペグラ(25=米国)を6―3、7―6(7―5)のストレートで下し、2回戦へ駒を進めた。

 第1セットは第4、6ゲームをブレークして難なく奪ったが、第2セットは苦戦。自身のサービスゲームをキープするものの、ブレークできないまま5―5となった。

 迎えた第11ゲームは相手のミスに助けられてブレークしたが、サービングフォーザマッチ(サービスゲームをキープすれば勝利)の第12ゲームでブレークバックされてしまう。

 タイブレークに突入しても苦しい展開は続き、チャンスボールのボレーをミスするなど拙攻が目立った。それでも最後は力でねじ伏せた。

 試合中、自分のミスにイラ立ってラケットを放り投げ、ボールを叩きつけるシーンもあった。ファーストサーブ成功率50%はふがいないが、やはり要所で繰り出したサービスエース8本が決め手だろう。

 大坂は今月の全米オープン直後に前コーチのジャーメーン・ジェンキンス氏(34)と契約解消。父フランソワさんを新コーチに迎え、生まれ故郷の大阪で行われた「東レ・パンパシフィック・オープン」で復活Vを果たした。「原点回帰」から5戦無敗、まだ1セットも落としていない。新生・大坂の快進撃はこのまま続くのか。