【全米OP】19歳アンドレースクが4大大会初優勝「伝説の選手に勝てたのは素晴らしい」

2019年09月09日 11時30分

優勝のアンドレースクの横でS・ウィリアムズ(左)は複雑な表情(ロイター)

【ニューヨーク発】テニスの4大大会最終戦、全米オープンは同地のビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、7日(日本時間8日)の女子シングルス決勝で19歳のビアンカ・アンドレースク(カナダ)が37歳のセリーナ・ウィリアムズ(米国)を6―3、7―5で破り、4大大会初優勝を果たした。

 本戦に初出場した第15シードのアンドレースクはカナダ勢で男女を通じて4大大会のシングルス初制覇。優勝賞金385万ドル(約4億1200万円)を獲得した。偉業を達成した19歳は「言葉にできない。伝説の選手に勝てたのは素晴らしい」と話すと、大きな瞳を潤ませた。

 過去6度優勝を誇る第8シードのS・ウィリアムズは大坂なおみ(21=日清食品)に敗れた昨年に続いて準優勝に終わり、4大大会で歴代最多に並ぶ24度目の頂点に届かなかった。

 車いすの部、女子シングルス決勝で第2シードの上地結衣(25=三井住友銀行)は第1シードのディーデ・デフロート(オランダ)に6―4、1―6、4―6で敗れた。デフロートは2連覇。