【全仏オープン】錦織の尋常じゃない長時間マッチ 専門家はどう見た?

2019年06月04日 16時30分

錦織の2日がかりの4回戦も約4時間の激闘となった(ロイター)

【フランス・パリ3日発】テニスの全仏オープン男子シングルス4回戦で、世界ランキング7位の錦織圭(29=日清食品)が同38位ブノワ・ペール(30=フランス)を6―2、6―7(8―10)、6―2、6―7(8―10)、7―5と2日がかりの死闘の末にフルセットで撃破。2年ぶりのベスト8進出を果たし、準々決勝(4日)では全仏V11を誇る“赤土の絶対王者”ラファエル・ナダル(33=スペイン)と激突する。一方で今大会も初戦から激戦の連続。この尋常ではない長時間マッチが意味するものは?

 試合後の錦織の表情は明らかに疲れ切っていた。前日(2日)の日没サスペンデッドにより第4セットから再開した4回戦で、“クセ者”ペールの天才的な守備とドロップショットに翻弄された。

 第4セットはタイブレークにもつれ、2度のマッチポイントを得ながらも決め切れず。結局、このセットを落として3回戦に続くフルセットマッチとなった。第5セットも先にブレークされる苦しいムード。「ほとんど負けを覚悟した」という敗色濃厚の中で錦織はブレークバックで絶体絶命のピンチをしのぐと、相手のミスもあって7―5で大逆転勝利を収めた。

 悲願の4大大会初制覇へ夢はつながったが、死闘のリスクは否めない。今大会の試合時間は合計13時間22分。まるで今年1月の全豪オープンのVTRのようだ。全豪も4回戦終了時点で13時間47分を戦い、準々決勝で体が悲鳴を上げて無念の棄権となった。本紙はこれまでも長時間マッチのリスクを指摘してきたが、専門家はどう見ているのか。GAORAテニス中継解説者の佐藤武文氏(47)は「悲観するよりも、結果をたたえたい」と語る。

「確かに試合時間は長いですし、大事なところで決められていない。でも、そもそもクレーは足元が滑るため互いに連続攻撃ができず試合は長くなるもの。それより劣勢の中で粘って逆転し、結果を出していることが評価に値しますね」

 この1年の4大大会の成績は、昨年のウィンブルドン選手権から実に4大会連続でベスト8以上。フルセットの通算勝率も他の追随を許さない。負けていたかもしれない試合を粘りに粘って死闘に持ち込んだと考えれば、むしろ「長時間」は錦織の“土俵際”の強さの証しとも言える。

 一方で佐藤氏は「欲を言えば…」と前置きした上でこんな注文を出す。「ナダルや(ロジャー)フェデラー(37=スイス)はマッチポイントできっちりファーストサーブを入れ、試合後にセカンドサーブ用のボールをカッコ良く観客席に向かって打つんですよ。錦織選手にもアレをやってほしい」

 観客に打つボールがないのは、もちろんファーストサーブが入っていないから。勝負どころですっきりとサーブを決めれば、たとえ激闘でも多少は疲れが癒えるだろう。悲願の王座に就くためには、こうした小さなことの積み重ねが必要なのかもしれない。