大坂なおみ 全仏初戦大苦戦も優勝争いは3番人気 錦織は屈辱予想

2019年05月29日 15時53分

大坂なおみ

 女子テニスの世界ランキング1位の大坂なおみ(21=日清食品)が、グランドスラム3連勝に向け発進した。

 全米、全豪を制している大坂は全仏オープン1回戦で大逆転勝利。ハードコートに比べれば得意としていないクレー(赤土)コートで、なんとか世界1位の意地を示した。

 だが、そんな状況にもかかわらず、英ブックメーカー「bet365」の優勝者オッズ(倍率)は、11・00倍の3番人気と高い。

 英ブックメーカー「ウィリアムヒル」でも10倍ちょうどの3番人気で、その実力は世界から認められている。

 一方、男子の錦織圭(29=日清食品)のオッズはパッとしない。

 クレーコートはラリー戦が得意な錦織にとって、本来の持ち味が生きるコートだ。後方に下がり過ぎることなく、コートの中に入って打つ戦法で、新境地も開拓した。

 しかし、今季は振るわず、「bet365」「ウィリアムヒル」ともに67・00倍の10番人気に甘んじている。

 ラファエル・ナダル(32=スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(32=セルビア)らに大きく水をあけられる結果となり、大坂との立場も逆転した。本来の力を発揮し、再び脚光を浴びることができるか。