【BNPパリバ・オープン】大坂なおみ 初戦は因縁の相手・ムラデノビッチ

2019年03月08日 16時30分

記者会見した大坂(ロイター=USA TODAY Sports)

【カリフォルニア州インディアンウェルズ7日(日本時間8日)発】テニスのBNPパリバ・オープン女子シングルス1回戦が行われ、第1シードで世界ランキング1位の大坂なおみ(21=日清食品)は初戦の2回戦で世界65位のクリスティナ・ムラデノビッチ(25=フランス)と10日に対戦することになった。

 過去の対戦成績は1勝1敗。1回戦で世界39位と格上の鄭賽賽(25=中国)を7―5、6―2で破って勝ち上がってきたが、大坂にとっては因縁の相手だ。1月に全豪オープン制覇後、サーシャ・バイン氏(34)とのコーチ契約を解消して臨んだ2月のドバイ選手権の初戦(2回戦)でまさかのストレート負けを喫しているからだ。

 2戦連続でムラデノビッチとの対戦になるが、大坂は今大会に向けて就任した新コーチのジャーメーン・ジェンキンス(34)とともに万全の準備を整えている。昨年の同大会で優勝し、獲得した1000ポイントが今大会後に失効するため、世界ランク1位をキープするためにも、初戦が正念場となりそうだ。

関連タグ: