大坂なおみの元コーチ・バイン氏が世界ランク2位ハレプと“合体”?

2019年02月21日 11時00分

世界2位のシモナ・ハレプ(ロイター)

【UAE・ドバイ19日(日本時間20日)発】女子テニスのドバイ選手権、今大会初戦となる2回戦で第1シードの大坂なおみ(21=日清食品)は同67位のクリスティナ・ムラデノビッチ(25=フランス)に3―6、3―6で敗れた。全豪オープンを制覇し、世界ランキング1位となって初の試合でまさかの黒星。今後は世界1位の死守がテーマとなるが、その最大の敵として立ちはだかりそうなのが“あの男”だという。衝撃的な敗戦をめぐる女王の舞台裏に迫った。

 世界ランク1位を死守したい今の大坂にとって、厄介な存在になりそうなのがサーシャ・バイン氏(34)だ。これには、大坂を1433点差(18日現在)で追う世界2位のシモナ・ハレプ(27=ルーマニア)の周辺で見られる“きなくさい動き”が関係している。

 ハレプは全豪オープン期間中に新コーチとして、男子のダビド・ゴフィン(28=フランス)を指導していたベルギー人のティエリ・ヴァンクリーンプット氏と仮契約。しかし、女子テニスツアーを統括するWTAの公式サイトによると、ハレプは「彼はすてきな人ですが、コート上では相性が良くありませんでした」と語り、正式契約を結ばないことを決断した。

 そこで、大坂を4大大会2連勝&世界1位に導いて“今が売り時”のバイン氏に白羽の矢が立つ可能性は十分。ハレプが理論派といわれるヴァンクリーンプット氏とウマが合わなかったという話があるだけに、気持ちを盛り上げる「モチベーター」タイプのバイン氏は適任という見方もある。

 コーチが目まぐるしく代わるテニス界では“昨日の友は今日の敵”となるのは日常茶飯事。しかし、大坂にとっては自分のメンタルを知り尽くしたバイン氏がライバルの専属コーチとなれば大きなプレッシャーだ。ハレプと契約しなくとも、引く手あまたのバイン氏は、いずれ有力選手のコーチになる可能性は大。円満解消ではなかったことが、ここにきて思わぬ障害になりそうだ。

関連タグ: