【WTAファイナル】大坂なおみ 悪癖出て2連敗も準決勝進出に望み

2018年10月25日 16時30分

ラケットを投げ出した大坂(ロイター)

【シンガポール24日発】女子テニスの年間成績上位8人が出場できるWTAファイナル・シングルスの1次リーグA組第2戦、初戦を落とした世界ランキング4位の大坂なおみ(21=日清食品)は同2位のアンゲリク・ケルバー(30=ドイツ)に4―6、7―5、4―6で敗れた。

 全米オープン女王の大坂は「(負けて)いい気持ちはしていない。今回の試合は第1戦の延長戦だと思ってやったが、サーブが良くなかった。なんで悪かったのかは分からない。いいリズムを得ないといけない」と話していたが、終盤は明らかに自滅だった。

 過去1勝3敗のケルバーを相手に第1セットを落としたものの、第2セットを取り返し、迎えた勝負の第3セットで醜態を見せた。サービスゲームの第7ゲームで40―15とリードするなど、優位に試合を進めていた中、気が緩んだのか、絶好のチャンスでミスショットを連発。相手のブレークを許し、キープを逃すと、これまで抑えていたイライラを爆発させた。ラケットをコートに叩き付けるなど、世界が注目する大舞台で感情をコントロールできなかった。

 敗れた初戦でもラケットを蹴り上げたり、コートに突っ伏すなど、自分の思い通りにプレーできないストレスをぶつけていた。大坂は「自分の気持ちを表に出したくない。表に出していないほうがいいプレーができる」と猛省し、第1、2セットまでは、ほぼ冷静さを保っていたが、勝負どころで課題の“悪癖”が出てしまった。

 1次リーグ最終戦(25日)では、キキ・ベルテンス(26=オランダ)と対戦する。大坂にはまだ準決勝進出の可能性が残り、その条件は①最終戦勝利②2連勝中のスローン・スティーブンス(25=米国)がケルバーに勝利、が最低条件。その上で、大坂がストレート勝ちなら同組2位が確定する。「なるべくベストのテニスがしたい」という大坂にとって、まさに正念場だ。

関連タグ: