【全米OP】錦織 1回戦完勝も暑さに白旗

2018年08月30日 11時30分

危なげなく一回戦を突破した錦織(ロイター=USA TODAY SPorts)

 テニスの全米オープン第2日(28日=日本時間29日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター)、男子シングルス1回戦で第21シードの錦織圭(28=日清食品)が世界ランキング50位のマクシミリアン・マルテラー(23=ドイツ)を6―2、6―2、6―3で下した。2回戦でガエル・モンフィス(31=フランス)と対戦する。

 第1セットは出だしから4ゲーム連取。第2、第3セットもベースラインの中に入って攻める姿勢を崩さなかった。ブレークポイントを一度も与えない内容。「完璧な試合だった。気分よくプレーができた。フラットなバックハンドが効いた」と満足げに振り返った。

 むしろ、この日の敵は暑さだった。試合は夜だった錦織は「遅めの試合になってラッキーだった」と話したが、40度近くまで気温が上昇した昼間の試合では6選手が熱中症などで途中棄権。大会側は急きょ、第3セットだけでなく第4セット終了後にも10分間の休憩時間を設ける「エクストリーム・ヒート・ポリシー」を発表した。

 炎天下の試合でフラフラになりながらも勝利を収めたノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)は、休憩時間中に対戦相手と隣同士で氷風呂に入ったことを明かし「休憩を取ることを認めてくれたことに感謝したい」と述べた。改善策を問われた錦織は「ちょっとおかしな天気だった。どんなルールがあっても無理。10分(の休憩が)あってもリズムが崩れるだけ。全部室内にして、冷房を効かせるしかない」とお手上げな様子だった。

関連タグ: