【卓球】14歳の張本智和 ワールドツアー史上最年少V「年齢は関係ない」

2017年08月28日 16時30分

【チェコ・オロモウツ27日発】卓球のチェコ・オープン男子シングルス決勝で14歳61日の張本智和(エリートアカデミー)が元世界ランキング1位のティモ・ボル(36=ドイツ)を4―2で破り、シングルスでは男女を通じてワールドツアー史上最年少優勝を成し遂げた。

 準決勝でブラジル選手を倒した張本は、女子の伊藤美誠(16=スターツ)が持っていた14歳152日の最年少優勝記録を塗り替えた。男子では于子洋(中国)の16歳30日が最年少だった。

 天才少年がついに大きな記録を打ち立てた。張本は決勝で勝利を決めた瞬間、落ち着いてラケットをコートに置くと、信じられないといった表情で両手を広げて感慨にふけった。国際卓球連盟の公式サイトによると「年齢は関係ない」と喜びを語った。

 1ゲーム目を11―3と簡単に奪った。だが、丁寧につないでくるボルに、続けて2ゲームを奪われた。ここから、強化中のサーブを駆使して的を絞らせず、躍動感あふれる強烈なフォアハンドでベテランの堅い守りを打ち抜いていった。

 ワールドツアーで初めて決勝に進んだ2月のインド・オープンから半年。5~6月の世界選手権個人戦では水谷隼(28=木下グループ)を破り、今大会ではリオデジャネイロ五輪団体銀メダルメンバーの吉村真晴(24=名古屋ダイハツ)にも勝利するなど、成長が止まらない。

 張本は「東京五輪のシングルスと団体で金メダルを取りたい」と改めて宣言した後で「一生懸命練習しなくちゃいけないことは分かっている」。中学2年生は謙虚さを忘れず、3年後に向け着実に歩み続ける。