【卓球】水谷隼 監督退任の倉嶋氏とは「ずっと相棒のような感じでやらせていただきました」

2021年08月30日 21時50分

メダル獲得報告会に出席した水谷(提供写真)
メダル獲得報告会に出席した水谷(提供写真)

 卓球男子で東京五輪混合ダブルス金、団体銅メダルの水谷隼(32=木下グループ)が30日、都内の木下グループ本社でメダル獲得報告会に出席した。

 水谷は今大会で代表監督を退任した倉嶋洋介氏(45)について言及。「10年近く前から倉嶋コーチ、僕が選手でやってるときからサポートしていただいた」という間柄で「とにかく選手目線でいろんなことを考えてくださって、一度ももめるようなことがなかったというか。選手の意見を尊重してくださって、僕のことを聞いてくれて。もめることなく、ずっと相棒のような感じでやらせていただきましたね」と振り返る。

〝本業〟はもちろんのこと、プライベートな話題にも耳を傾けてもらい「あれ以上の監督はなかなか出てこないんじゃないかな」と話すほど。

 大会後は「全然話してないですね。お互い照れくさいんでしょうね」としつつ「監督と選手の関係は終わりましたけど、本当に相棒としてプライベートでも会うことがあると思いますし、全然今までとこれからも関係性はずっと変わらないと思うので、仲良くしていこうと思います」と語った。

関連タグ: