ガールズトークで結束した3人娘

2012年08月07日 12時00分

<ロンドン五輪>卓球女子団体決勝(7日=日本時間同日午後11時30分~)に臨む福原愛(23=ANA)、石川佳純(19=全農)、平野早矢香(27=ミキハウス)。3人娘は個人戦ではライバル同士だが、チームワークは抜群。この裏には、ベテラン・平野の存在抜きには語れない。個人戦では世界ランクで1か国上位2人しか出場できないため、平野が涙をのんだ。それでも団体戦メンバーに選ばれると、悔しさを忘れ、チームのために尽くした。

 お姉さん的存在で、試合、生活面ともに若い2人を引っ張った。試合前日の夜には福原、石川と「ちょっと話そうか」とガールズトーク。卓球以外でも音楽やたわいのない話で盛り上がり、深夜1時半まで続いたという。石川も「平野さんは本当に頼れる先輩です」と感謝したが、頼れる姉貴は「2人に感謝したい。愛ちゃんがチームの流れをつくってくれた」(平野)と後輩2人を持ち上げた。