【卓球】石川佳純が全日本5年ぶり優勝! 伊藤美誠とのフルゲームを制す

2021年01月17日 14時34分

インタビューで涙ぐむ石川佳純

 卓球の全日本選手権最終日(17日、丸善インテックアリーナ大阪)、女子シングルス決勝は東京五輪代表の石川佳純(27=全農)が、同代表の伊藤美誠(20=スターツ)を4―3(4―11、11―7、7―11、7―11、12―10、11―5、11―9)で破って5年ぶり5度目の優勝を飾った。

 第3、第4ゲームを落とした石川だったが、後がない状況で2ゲームを連取。最終第7ゲームは9―5から4連続失点で同点とされながらも、最後は2点を奪って激闘に終止符を打った。

〝五輪代表対決〟を制した石川は優勝インタビューで涙を見せる場面もあり「まずは開催をしていただいた関係者の皆さんに感謝したいです。こんなに強い選手と戦えてすごく自分の力を試すことができて楽しかったです」と語った。