【卓球】北京の訓練基地を離れて130日 中国いまだに缶詰め強化合宿中

2020年06月10日 16時40分

張本への対策バッチリ?

【スポーツ情報局】五輪担当記者 卓球の日本代表が今月22日から東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を1か月にわたり行うことが、中国でも報道されています。

 デスク いまや伊藤美誠(19=スターツ)や張本智和(16=木下グループ)がいる日本は、来年に延期された東京五輪で中国の最大のライバルだから、細かい動向も気になるんだろう。ところで、中国の卓球界ってどうなってんの? 

 記者 1月のドイツオープンの後、新型コロナウイルスが中国で猛威を振るっていたため国に帰れず、カタールで1か月間の集中強化合宿を敢行しました。3月の世界選手権(韓国・釜山)に備えていたんですが、大会が6月に延期に。このため3月にマカオに移動し、男女とも強化合宿を開始しました。

 デスク 結局、世界選手権は6月から9月に延期され、さらに来年の早い時期に再延期となりそうだ。

 記者 中国国内の報道によれば、世界選手権など大会計画が決まらないことから、中国代表も今後の強化方針が立てられない状態。「代表チームはもう80日以上もマカオにいる。北京の訓練基地を離れて130日。この先、どう強化するのか」などと報じています。

 デスク まだ、ずっと“缶詰め強化合宿”してるのか! それもすごいな。誰の目も気にせず、世界トップが集まって思う存分、徹底的に練習できているということだよな。金も環境もある中国ならではだけど、日本や他の国にしたら、うらやましいかもな。