卓球Tリーグ 無観客での開催を準備

2020年05月26日 19時14分

 卓球Tリーグは26日、オンラインで理事会を開き、年内は無観客試合で準備を進める方針を固めた。

 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言はすべて解除されたが、松下浩二チェアマン(52)は「観客を入れてやるというのは今の時点では現実的ではない」。プロ野球やJリーグとは時期が異なるものの、当面は無観客で開催することから「希望としては終息してほしいが、コロナがゼロになる(可能性)というのは少ない。観客を入れるようになれば、また検討して内容を変更していく」とした。

 2020―21年シーズンは11月開幕を目指し、過去2シーズン同様、プレーオフファイナルを含めて86試合を予定している。