【卓球】石川佳純に中国のファン、記者が“マスクの恩返し”

2020年03月09日 12時58分

マスクをして帰国した石川

 卓球女子で東京五輪代表の石川佳純(27=全農)に思わぬ支援の輪が広がった!? 世界中に新型コロナウイルスの感染拡大が広がる中、8日にワールドツアー・カタールオープンから帰国した石川は、出発時に着用していなかったマスク姿で報道陣の前に姿を現した。

 出発前にはマスク不足だと言い、現地調達も検討していたが「売っていなかったですね…」と報告。それでもなぜ手にすることができたのか。それは…なんと「(カタールに)行った時に、私がマスクを持っていないと思ってすごく心配してくださって。たくさんの中国のファンや記者の方がマスクを持ってきてくれた」とか。

 本紙が既報したように、石川がTリーグに参戦した香港選手らにマスクを譲ったエピソードが中国メディアで紹介され、大反響を呼んだ。これにより、中国から“恩返し”を受けたという。現地だけではなく、石川の所属事務所には約100枚のマスクも届けられているようで「しばらくの間はしのげる? そうですね。しっかり予防したい」。女子シングルス2回戦で中国選手に敗れたが、“得たもの”も大きかったようだ。

 大会は新型コロナの影響で厳戒態勢が敷かれ「握手は試合前後もなかったし、ボールは自分で拾いに行った。感染防止の対策がいつもよりもあった印象」。日本選手は全員試合前日に鼻の粘膜を取って感染していないか検査を受ける徹底ぶりだった。今後はワールドツアーが開催されない可能性もあるが、石川は「心の準備はしている」と現状を冷静に受け止めた。