【卓球】W杯準Vの張本が帰国 東京五輪へ「目標はあくまでも金メダル」

2019年12月02日 23時58分

銀メダルを掲げる張本

 中国・成都で行われた卓球の男子ワールドカップ(W杯)で、日本人男子初となる銀メダルを獲得した張本智和(16=木下グループ)が2日、成田空港に帰国した。

 この結果で、シングルスの東京五輪代表入りを確実とした張本は「まだ発表はされていないが、少しホッとした。目標はあくまでも金メダルなので、結果を残すことだけを考えてやりたい」と先を見据えた。

 今大会で張本は、準決勝でリオ五輪覇者&世界選手権3連覇の馬竜(31=中国)を4―2で破ったものの、決勝は世界ランキング1位の樊振東(22=中国)に2―4で敗れた。