AKB48チーム8小栗ら国体出場選手にエール

2017年09月20日 16時02分

本杉、江原にAKBチーム8の小栗、岡部がエールを送った

 第72回国体「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」(30日〜10月10日、愛媛県)の記者発表が20日、東京・渋谷区の日本体育協会で行われ、水泳の山梨県代表・江原騎士(24=自衛隊)と女子カヌースプリントの埼玉県代表・本杉風音(21=大正大)が出席した。

 江原は16日、会期前競技として行われた400メートル自由形で自己ベストを更新し大会3連覇。4月の日本選手権や7月の世界水泳では悔しい結果が続いていただけに「自分の力のなさを痛感した。ずっと悔しかった」という。雪辱を果たし「今シーズンラストの大会で瀬戸大也(23=全日空)も出場していた。しっかり勝てて安心している」と笑みを浮かべた。

 500メートル、200メートルのシングルに出場する本杉は「埼玉に貢献できるよう頑張る。決勝まで勝ち残ってメダルを取りたい」と目標を明かした。

 この日はアイドルグループ「AKB48」チーム8の小栗有以(15=東京都出身)、岡部麟(20=茨城県出身)も登場し、それぞれが出身の都県代表へエールを送った。