【競泳】本気出す前に負けた! 予選落ち瀬戸大也「反面教師にしてもらいたい」

2021年07月24日 22時12分

やっちまった…
やっちまった…

 東京五輪競泳男子400メートル個人メドレー予選が24日、東京アクアティクスセンターで行われ、瀬戸大也(27=TEAM DAIYA)は4分10秒52の全体9位で決勝進出を逃した。
 本命種目でまさか…。瀬戸は平泳ぎまでトップを守りながらも自由形のラスト50メートルで4選手に逆転を許し、組5着でフィニッシュ。上位8人で行う決勝に駒を進めることができず「ちょっと信じられないです」と肩を落とした。

 2019年世界選手権で優勝。昨年は自身の不倫問題で年内活動停止処分を受けたが、金メダル候補の地位は揺るがなかった。

 レース後、本人が「調子が良かったので、本当に残念ですし、決勝に残ったら他の選手といいレースができて楽しかっただろうな」と話していただけに、大会に向けては万全を期していたはず。また、決勝では「(4分)4秒台に挑戦したかったので、もう1回泳ぎたかった」という。

 敗因は決勝に向けて体力を温存しようと試みたことに加え、予選が午後行われてライバル選手のギアが上がりやすい状態にあったことも考えられる。実際、瀬戸は「かなりレベルが高いと感じた」と振り返っていた。

 慣れ親しんだ会場でも久々の国際大会、無観客という条件を加えると本来のパフォーマンスが発揮しづらいのか…。瀬戸は「(日本代表の)チームメートには(上位に)駒を進められるように自分の失敗を反面教師にやってもらいたい」と語った。

関連タグ: