【競泳】200m平泳ぎ 渡辺一平が代表入り逃す 涙をこらえ「上位2人が頑張った」

2021年04月07日 19時02分

3位に終わった渡辺(手前)、奥は日本記録で1位の佐藤

 競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第5日(7日、東京アクアティクスセンター)、男子200メートル平泳ぎ決勝で渡辺一平(24=トヨタ自動車)は2分8秒30の3位で五輪出場を逃した。

 ライバルの佐藤翔馬(20=東京SC)が目の前で自身の日本記録を更新して優勝。2位には準決勝トップの武良竜也(24=BWS)が入った。渡辺は涙をこらえつつ「上位2人が頑張ったと思う」と淡々と振り返った。

関連タグ: