【競泳】池江璃花子がインタビューで涙「勝てるのはずっと先のことだと思っていた」

2021年04月04日 17時41分

インタビューで涙を見せた池江璃花子

 競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第2日(4日、東京アクアティクスセンター)、女子100メートルバタフライ決勝が行われ、白血病からの完全復活を目指す池江璃花子(20=ルネサンス)が57秒77で優勝。同種目の東京五輪派遣標準記録は突破できなかったが、400メートルメドレーリレーの派遣標準記録57秒92を切った。

 誰よりも苦しんだからこそ、涙がこぼれ落ちた。レース後のインタビューでは「まさか優勝できると思っていなかった。5年前の(リオデジャネイロ)五輪の選考会よりもずっと自信もなかったし、自分が勝てるのはずっと先のことだと思っていた」と本音を吐露。続けて「勝つための練習もしっかりやってきたし、最後はただいまって気持ちで入場してきた。努力は必ず報われると思ったが、57秒台が出るとは思っていなかった。(メドレー)リレーの派遣(標準記録)も切れると思っていなかったので、うれしい」と神妙に語った。

 この結果は自分でも予想していなかったといい「正直100のバタは戻ってくるのに一番かかると思っていた。優勝は狙っていなかった」と驚きを口にしながらも「(メドレーリレーの)派遣は切れたが、五輪に出られるか分からない。あと3本(50&100メートル自由形、50メートルバタフライ)あるので、気を抜かずに頑張りたい」とさらなる高みを見据えた。

 白血病の発覚から786日。ヒロインが日本中に大きな希望を届けた。

【関連記事】

関連タグ: