【競泳】注目の200自 〝カツオ〟松元克央は全体2位で準決勝進出

2021年04月04日 10時50分

200自予選で全体2位となり、準決勝へ進出した松元

 競泳・日本選手権兼東京五輪代表選考会第2日(4日、東京アクアティクスセンター)、男子200メートル自由形予選は日本記録保持者の松元克央(24=セントラルスポーツ)が1分48秒49で午後から行われる準決勝に進出した。

 予選4組で登場した松元は1着でフィニッシュ。タイムは全体2位だった。

 松元は1月の北島康介杯で1分45秒13をマークし、自身が持つ日本記録を更新。五輪では金メダルが期待されており、本人は1分44秒台を目標にしている。

関連タグ: