池江璃花子が新成人の誓い「大人として強い人間、強いアスリートに」

2021年01月11日 05時00分

新成人の池江(「ジョイフル恵利」提供=昨年9月に都内で撮影)

 白血病で長期休養していた競泳女子の池江璃花子(20=ルネサンス)が成人の日を迎えた11日、マネジメント事務所を通じてコメントを発表した。

 池江のコメントは以下の通り

「本日、無事成人の日を迎えることができました。1年前は想像もしていなかった状況でこの日を迎えましたが、1人の新成人として、大人として、自覚を持って強い人間、そして強いアスリートになれるよう精進していきます」

 池江は19年2月に自身の白血病を公表し、闘病生活を乗り越えて同年12月に退院。昨年7月の東京五輪1年前イベントに登場して翌8月の東京都特別大会で復帰すると10月の日本学生選手権に出場した。

 9、10日の東京都新春大会は新型コロナウイルス禍を考慮して辞退したが、北島康介杯(22~24日、東京辰巳国際水泳場)で100メートル自由形に出場予定。24年パリ五輪を目標にする20歳に今年も注目が集まりそうだ。