萩野バタフライ挑戦もう一つの狙い

2014年04月15日 16時00分

競泳の代表メンバー。後列左から塩浦慎理、瀬戸大也、萩野公介、入江陵介、平井伯昌ヘッドコーチ、前列左から渡部香生子、鈴木聡美、星奈津美

 競泳ニッポンの大黒柱、萩野公介(19=東洋大)が最大の弱点克服に乗り出す。

 

 14日、パンパシフィック選手権(8月、オーストラリア)、アジア大会(9月、韓国・仁川)の代表が都内で発表され、萩野は個人メドレー、自由形、背泳ぎで代表に選ばれた。4年前のパンパシ米アーバイン大会は初代表となった大会で「緊張しすぎて朝ご飯が全く食べられなかった」。しかし、苦い思い出も今や笑い話。「ロンドン五輪の時も普通に食えた。まあまあ余裕だわ」と新エースの風格を漂わせた。

 

 パンパシの前には、6月のジャパンオープン(東京・辰巳国際水泳場)に出場。そこで萩野は新たな引き出しを開ける。「平井先生とバタフライ100メートル、200メートルに出ようという話をしている。すごく楽しみ。ある程度のタイムは出ると思う」とバタフライ挑戦(本紙昨報)を正式に表明した。

 

 力試しの目的がある一方、平井伯昌ヘッドコーチ(50)は「バタフライの強化は平泳ぎにつながる。手のかきとかもパターンが似ている」と、もう一つの狙いを明かす。平泳ぎは4泳法の中で最も苦手な種目。バタフライの強化は一石二鳥というわけだ。

 

 2016年リオ五輪まで残り2年半足らず。今季は「個人メドレーで絶対的な力をつけること」を最大目標に掲げている。マルチスイマーぶりにますます磨きがかかりそうだ。