池江璃花子が「ありのままの自分」を公開した当時の心境を吐露 「シェアのボタンを押すまで緊張していた」

2020年06月24日 13時22分

池江璃花子

 競泳の池江璃花子(19)が24日、インスタグラムを更新。5月18日に公開した、ウイッグを外した“ありのままの自分”への応援に感謝の言葉をつづった画像を投稿した。

 池江は「いつも応援してくれて、ありのままの自分を見せる力をくれてありがとうございました。皆さんに手紙を書きました。ぜひ読んでください」とあいさつ。

 手紙は手書きで「先日公開した手紙に、想像をはるかに超える反響をいただき、みなさんにどうしたら感謝の気持ちを伝えられるかずっと考えていました」と今回手紙を書いた理由を明かした。

 その上で“ありのままの自分”を公開するに至るまで「『シェア』のボタンを押すまで緊張していました」と当時の心情を吐露。さらにパートナーシップ契約を結んだSK―ⅠⅠの撮影について「SK―ⅠⅠとの撮影はどんな感じだったのですか、という質問をいただきましたが、撮影時の写真がこれです」とし、笑みを浮かべてリラックスした雰囲気の写真を掲載。

 さらに「大変なことが多い中で少しでも私のストーリーが皆さんの力になったら嬉しいです」とし最後に「今、私はまた少し前進して学校やトレーニングを少しずつ再開し始めています。ありのままの自分でいること、一歩前に進むための力を与えてくれてありがとうございます」と感謝の言葉で結んでいる。