【競泳】W杯東京大会へ 瀬戸「一人エース」の自負

2019年08月01日 16時30分

瀬戸(手前左)はホッスー(同右)とバーチャル競泳対決

 競泳のW杯東京大会(2~4日、東京辰巳国際水泳場)を控えた31日、都内で公開記者会見が開かれた。世界選手権(韓国)の男子個人メドレーで2冠を達成し、東京五輪の代表内定を決めた瀬戸大也(25=ANA)は「今回出るのは4日の400メートル個人メドレー1本だけ。コンディションも調子もいいので、しっかりいい記録を狙って泳ぎたい」と意気込んだ。

 今大会では、リオ五輪400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(24=ブリヂストン)が復帰する。萩野は今回、200メートル個人メドレー&自由形にエントリーしており、瀬戸との直接対決はお預けの形となったが、3月から不振で休養していた萩野の泳ぎに注目するファンは多いはずだ。

 だがひと足先に五輪切符をつかんだ瀬戸は、男子主将として萩野と池江璃花子(19=ルネサンス)の男女エースが不在の日本チームを、獅子奮迅の活躍で引っ張ってきた自負がある。この日も「母国開催でどのくらい盛り上がるのか楽しみ。そのパワーをもらって金メダルを取りたい」と堂々と宣言。世界選手権2冠王者として、第一人者の座を譲るつもりはサラサラない。

 壇上で行われたバーチャル競泳対決では、世界選手権個人メドレー2冠女王の“鉄の女”カティンカ・ホッスー(30=ハンガリー)にも勝利。勢いに乗る瀬戸が宿命のライバルに成長した姿を見せつけられるか。