池江璃花子 一時退院していた 「家族で食事を楽しんだり…」順調な回復をアピール

2019年06月06日 16時30分

 白血病で闘病中の競泳女子エース、池江璃花子(18=ルネサンス)が5日、自身の公式サイトで入院中の病院から一時退院していたことを明かした。

「先日、数日間の一時退院をしました。Tシャツでも暑いくらいでした。退院中は家族で食事を楽しんだり、外の空気をたくさん吸ってのんびりした日を過ごしました。もう病院には戻りたくない!と思う時もありますが、人生の中のたった数ヶ月間だと思って自分を奮い立たせてます。皆さんも暑さには十分お気をつけ下さい!」(原文ママ)

 近況を報告しつつ、最後はファンへの気配りで締めくくった。さらに白血病の公表後、初めて写真を公開した。兄、姉とともに白いポロシャツ、ニット帽姿で笑顔を見せている。マネジメント事務所によると、写真は退院中に撮影したもので、抗がん剤の影響で髪が抜けているという。

 1日には三木二郎コーチ(36)が、病室にトレーニング用の自転車を持ち込むなど軽い運動を再開していると明らかにしたばかり。池江は2日にも自身のツイッターで「ポップコーンがおいしかった。おいしいチャーハン食べたい」などと記しており、順調な回復ぶりをうかがわせている。