日本競泳陣は大丈夫か? 7月世界選手権に不安残るリレーメンバー

2019年06月03日 16時30分

 少数精鋭チームの実力やいかに? 日本水泳連盟は2日、7月の世界選手権(韓国・光州)に派遣する8選手を新たに発表。4月の日本選手権ですでに17人が選出されており、これで計25人となった。世界選手権の追加選考会を兼ねたジャパン・オープン(東京辰巳国際水泳場)では女子100メートル平泳ぎで青木玲緒樹(24=ミズノ)が個人、同200メートル自由形で青木智美(24=あいおいニッセイ同和損保)がリレーの派遣標準記録を突破した一方、リレー要員の6人は日本選手権と今大会でいずれもクリアできないまま選ばれた。

 リレーメンバーにはリオ五輪男子800メートルリレー銅メダルの江原騎士(25=自衛隊)も名を連ねたが「例年にないくらい遅いタイムで情けない」。日本代表の平井伯昌監督(56)も「レベルに関しては不安な面もある」と語る。来年の東京五輪でのリレー出場枠を確保するには、世界選手権で12位以内に入らなければならず一層の強化が必要だ。

 さらに、これまで個人は20種目以上の派遣タイム突破も見られたが、今回は男女合わせて16種目と寂しい結果に終わった。エースの瀬戸大也(25=ANA)が「自分が結果を出してチームの雰囲気をよくしたい」としながらも200メートルバタフライに“2人目”が現れず「選考はタイムがあることだけど寂しい」。さらに日本水連関係者からは白血病で闘病中の池江璃花子(18=ルネサンス)や原因不明の不調に悩まされている萩野公介(24=ブリヂストン)を挙げて「こういうことは言ってはいけないけど、池江がいれば4種目、萩野がいれば2種目(タイムを)切れたかなと思う」という声まで出た。

 日本水連による国際大会へのハードルは低くないとはいえ、世界選手権で“役者不足”とならないか気になるところだ。