【競泳ジャパンOP】世界選手権代表入り 小関也朱篤を発奮させた“専門外”のあの人

2019年05月31日 16時30分

優勝した小関(中)と瀬戸(左)、右は渡辺

 競泳の世界選手権(7月、韓国・光州)の追加代表選考会を兼ねたジャパン・オープンが30日、東京辰巳国際水泳場で開幕し、男子100メートル平泳ぎで小関也朱篤(27=ミキハウス)が59秒12で優勝した。世界選手権の派遣標準記録を0秒26上回り代表入り。「プレッシャーがハンパなかったが、代表入りできてよかった」と安堵した。

 5連覇がかかった4月の日本選手権でまさかの3位。400メートルメドレーリレーのメンバーとしては代表権を獲得したものの悔しい思いが強く、自分がベストだったころの映像を改めて確認し、今大会に臨んだという。

 先週、2人目の子供が生まれたばかりで「父として、いいところを見せないといけない」と気が引き締まったという小関だが、他にも代表入りの要因はあった。決勝で隣のレーンを泳いだリオデジャネイロ五輪男子400メートル個人メドレー銅メダルの瀬戸大也(25=ANA)の存在だ。

 瀬戸は“専門外”の種目にもかかわらず、59秒79で2位。ベストタイムを叩き出し「チョー満足!」と会心の笑顔を見せたエースの泳ぎに触発されたという。「さすがにここは譲れないという思いだった」とスペシャリストの意地を見せた。