【競泳日本選手権】小関也朱篤は平凡なタイムに淡々

2019年04月04日 16時30分

 競泳の日本選手権2日目(3日、東京辰巳国際水泳場)、男子100メートル平泳ぎ決勝は小関也朱篤(27=ミキハウス)が59秒54で優勝した。200メートル平泳ぎで世界記録を持つ渡辺一平(22=トヨタ自動車)の追い上げを100分の4秒差でしのぎ「(前半は)わりとよかったと思うが、後半かなりきつかった。力んでいたのかな」。

 日本記録更新での優勝を目指していたが派遣標準記録にも届かなかったとあって「自分に期待しすぎたのかも」と終始淡々とした口調だった。