日本女性初のアジア大会MVP!池江は東京五輪も切り込み隊長だ

2018年09月03日 16時30分

大会MVPに選ばれた池江(ロイター)

【インドネシア・ジャカルタ2日発】ジャカルタ・アジア大会最終日、日本勢は最終種目のトライアスロンの混合リレーで2連覇を遂げた。大会MVPに選ばれた競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)の6冠など日本の金メダル75個は、1966年バンコク大会の最多78個に次ぐ単独2位と健闘。そのほとんどが五輪実施競技・種目で、2年後の東京五輪に向けて弾みをつけた。

 日本選手団の金メダルは中国の132個に次ぐ2位となり、94年広島大会以来で韓国を上回った。銀56、銅74でメダル総数は205。「金」は36年ぶりに「銀」より多くなり、勝負強さの向上も印象づけた。

 山下泰裕選手団長はこの結果を「予想を上回る好成績」と評価。「大切なのは、この成果をいかに東京五輪につなげていくかだ」と、金30個を目標に掲げる2年後の大舞台に言及した。大会序盤で金メダルラッシュとなった競泳が勢いを生んだと指摘。とりわけ、6冠達成の池江ら女子選手の活躍を称賛し「東京五輪でも生き生きと輝く姿を期待する」と語った。

 大会を主催するアジアオリンピック評議会(OCA)が選ぶ大会最優秀選手(MVP)に輝いた池江は、日本からジャカルタ入りして表彰式に臨み「目標を達成できてほっとした」と笑みを浮かべた。

 女子のMVPは初めてで、日本選手では前回仁川(韓国)大会の競泳男子の萩野公介(24=ブリヂストン)に続いて4人目。賞金5万ドル(約550万円)の使い道を問われると「とりあえず貯金し、あとはおいしいご飯を食べに行きたい」と初々しく語った。

 東京五輪のメダル獲得が期待される池江は、100メートルバタフライなど出場した個人4種目を全て制し、リレー2種目の優勝に貢献。「スーパー高校生」から「スーパースイマー」に急成長しつつある。「(五輪まで)長いようで短い2年間だと思う。母国で最高のパフォーマンスをできるように努力したい」と宣言した。

 日本選手団では、女子団体を48年ぶりに制したバドミントンのほか、32年ぶりの優勝を飾った井上大仁(MHPS)の男子マラソンなど、「○年ぶり」の快挙が続出。ホッケー男女のように「初優勝」も少なくない。

 地元開催の五輪は選手の意気込みを高めると同時に、重圧感も加わる。そこで必要なのがムードを盛り上げる“切り込み隊長”役。ほぼ固まった五輪の競技日程にあって競泳は未定だが、従来の五輪と同様に前半戦に行われるとみられる。池江が順当に代表入りしていれば有力な隊長候補になる。仮に競泳が後半戦に回る場合、選手団の成績にも左右されるが、メダルラッシュのダメ押し役、または不振からの挽回役が期待される。

 今大会はTBSが連日生放送。池江も出場した競泳混合400メートルメドレーリレー(8月22日)では、番組毎分視聴率で最高となる23・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高い数字が出た。ジャカルタの「顔」となったスイマーは、注目度の高さも今大会で証明した形だ。