【アジア大会】池江400メートルリレーで金メダル 6冠への自信度

2018年08月24日 12時00分

5個目の金メダルを手にした池江(右から2人目=ロイター)

【インドネシア・ジャカルタ23日発】ジャカルタ・アジア大会第6日、競泳女子の池江璃花子(18=ルネサンス)が日本チーム(酒井、鈴木、池江、青木智)の一員として400メートルメドレーリレーを3分54秒73の日本新記録で制し、今大会5冠となった。1970年バンコク大会と74年テヘラン大会で、競泳女子の西側よしみがそれぞれ獲得した日本選手の1大会最多金メダル数に並んだ。

 シンデレラガールは「これで満足しているわけではないが、アジアチャンピオンになれて誇りは持てる。今の力は出せた。この夏のために頑張ってきた結果がこれ。良かった」。池江は50メートルと100メートルのバタフライ、100メートル自由形、400メートルリレーを制し、競泳最終日(24日)の50メートル自由形で1大会の最多金メダル数更新を狙う。

 女子50メートル平泳ぎで鈴木聡美(27=ミキハウス)が前回大会に続いて勝ち、100メートルとの2冠に輝いた。男子100メートル自由形は塩浦慎理(26=イトマン東進)が48秒71で制し、日本勢5大会ぶりの優勝を果たした。

 フェンシング女子フルーレ団体で日本(東、宮脇、菊池、辻)は決勝で中国に35―34で勝ち、初の金メダルを獲得。初戦の準々決勝でレバノンを退け、準決勝で6連覇を狙った韓国を45―36で破った。ソフトボールの日本は準決勝で中国に5―0と快勝し、5大会連続優勝にあと1勝とした。