北の富士氏「出るのか? あれで。無理だろう」稀勢の里に厳しい声

2018年05月04日 16時30分

鶴竜(左)の寄りに土俵を割った稀勢の里

 大相撲夏場所(13日初日)を控えた3日、横綱審議委員会による稽古総見が東京・両国国技館で行われた。6場所連続休場中の横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)は横綱鶴竜(32=井筒)、関脇栃ノ心(30=春日野)らを相手に8番相撲を取って3勝5敗と苦戦。1月の初場所で優勝した栃ノ心には一方的に寄り切られる場面もあった。

 和製横綱は「やりたいことはできた。課題も見つかって、いい稽古になった。(相手に)だいぶ力が伝わってきている」と前向きな言葉を口にしたものの、周囲の評価は厳しい。この日の稽古を視察した相撲解説者の北の富士勝昭氏(76=元横綱)は「(夏場所に)出るのか? あれで。無理だろう。番数も内容も、あんな稽古では(場所本番に)間に合わない。出たらエライことになる」とバッサリ切り捨てた。

 懸念材料は長期休場の原因となった左胸のケガだけではない。北の富士氏は「やっぱり休場慣れしちゃうとダメだな。俺たちは休んでも、せいぜい2場所。とても3場所は不安で休んでいられなかった」と相撲勘に及ぼす悪影響を指摘する。その上で「(休場が)あまり長引いてもいけないし、いずれ腹をくくらないといけない時期がくる。今場所に出るとしたら、死中に活を求めるような、イチかバチかしかない」と厳しい見方を示した。

 夏場所初日まで1週間余り。ここから不安を払拭できるのか。