【大相撲夏場所】新小結・遠藤 師匠・追手風親方も心配するストイックな姿勢

2018年05月01日 16時30分

 大相撲夏場所(13日初日、東京・両国国技館)の新番付が30日、発表された。人気力士の遠藤(27=追手風)が新小結に昇進。埼玉・草加市の部屋で会見し「三役になったから一段と頑張るのではなく、毎日一段と頑張る気持ち」と表情を引き締めた。師匠の追手風親方(51=元幕内大翔山)は、現在は本名のしこ名について「今から変えるのもおかしい」と継続を明言した。

 2013年3月場所の初土俵から新三役まで所要31場所。同じ幕下付け出しの逸ノ城(25=湊)が所要5場所、御嶽海(25=出羽海)が10場所で新三役に昇進しており、遠藤は“スロー出世”の部類に入る。デビュー当時からスター候補として注目を集めるも、その後は足首やヒザを相次いで負傷。慢性的なケガに苦しみ、ことごとく上位の壁にはね返されてきた。

 今でも体の状態は万全ではないが、相撲中心のストイックな姿勢を貫き三役の地位をつかんだ。遠藤は「ケガをしてからは私生活でも常に体のことを考えるようになった。ちゃんこの汁を飲んだら足がむくんで調子が悪くなるんじゃないかとか」。師匠は「酒を飲むわけでもなし、遊びに行くわけでもなし。治療して、トレーニングして、稽古して。精神的に大丈夫か。オレなら息が詰まる」と真顔で心配するほどだ。

 生真面目な角界屈指の人気者は再び土俵で旋風を巻き起こせるか。今後を占う試金石の場所となりそうだ。