貴乃花親方は一門からも離脱?

2018年04月20日 16時30分

貴乃花親方

【大相撲情報局】大相撲担当記者:貴乃花親方(45=元横綱)が総帥を務めていた「貴乃花一門」が消滅することになりました。今月上旬に貴乃花親方が一門から「貴乃花」の看板を外すことを所属する親方衆に申し入れて、了承されたそうです。貴乃花親方は19日に「私の名前のある一門は返上しますとお伝えした。受け入れていただいた」と話しました。

 デスク:一門の新しい名称はどうなるんだ。

 記者:阿武松親方(56=元関脇益荒雄)が一門で唯一の理事を務めているので、普通は「阿武松一門」ということになりますが…。今後、一門内の話し合いで決めることになりそうです。

 デスク:ところで貴乃花親方は一門からも離脱するのか。

 記者:貴乃花親方本人は離脱の可能性について「私が明言する立場ではない」と。一門の他の親方衆に処遇の判断を委ねる意向のようですね。

 デスク:春場所の無断欠勤や弟子の貴公俊(20)の暴力問題で親方衆の序列で最下位の「年寄」にまで降格したよな。一門の長の立場まで返上して、文字通り「一兵卒」になるな。

 記者:昨年からの一連の騒動で身内の一門にも迷惑をかけていましたから。それにもかかわらず、春場所後の年寄総会では同じ一門の親方が「貴乃花親方の契約解除だけは避けてほしい」と協会に要望を出して“情け”をかけてもらった格好になりました。

 デスク:今回の看板返上で、本人なりに“けじめ”をつけたっていうことか。