降格処分の貴乃花親方がコメント発表「ゼロからスタートして参ります」

2018年03月29日 19時28分

貴乃花親方

 29日に日本相撲協会が開いた理事会で、委員からの2階級降格処分が決まった貴乃花親方(45=元横綱)が同日、書面で以下の通りコメントを発表した。

「本日、日本相撲協会の理事会におきまして、私と弟子の貴公俊の処分が決まりました。大相撲ファン並びに多大なるご心配をおかけした支援者後援者の皆様、そして相撲協会の皆様にご迷惑をおかけしたことを深く反省し、新たな気持ちで大相撲発展のためにも精進をし、真摯に処分を受け止め、鍛錬に励むことを貴公俊と二人で話しております。今後は自分に与えられた職責を果たしながら、弟子の育成と大相撲の発展の為にゼロからスタートして参ります」(原文ママ)