「白旗」掲げた貴乃花親方は何思う…

2018年03月29日 16時30分

貴公俊(手前)とともに車中に戻った貴乃花親方

 渦中の貴乃花親方(45=元横綱)は28日午前、弟子の貴公俊とともに日本相撲協会危機管理委員会の事情聴取を受け、協会から弁明の機会を与えられた。

 大阪市内で行われた年寄会総会後に会見し、内閣府へ提出していた告発状について「本日、取り下げ状を代理人の弁護士が提出しに行きました」と明かした。一連の問題行動については「協会の皆さんに多大なご迷惑をおかけしたことをおわびいたしました」と謝罪した。

 同親方は相撲協会に対して強硬な姿勢を貫き、一門内の親方とも溝が生じていた。それでも、この日の年寄会の総会では貴乃花一門の親方衆から「契約解除だけは免除してほしい」との嘆願書が提出された。この動きを受けて、貴乃花親方は「改めて場を設けて深く反省していることをお伝えしたい」と一門の親方と歩み寄る姿勢も示した。

 日馬富士の暴行事件では独断で警察に被害届を提出。その後も協会に非協力的な態度を示した。この時の対応については「いささか真実を追求しようという気持ちが強く、かたくなな姿勢を取ってしまった。そして協会に多大なご迷惑をおかけした」とまで言った。これまで周囲との衝突を繰り返してきた「平成の大横綱」は弟子の貴公俊の暴行を境に、完全に「白旗」を掲げた格好だ。