• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 【大相撲春場】貴乃花親方 無断欠勤は“確信犯”角界内で資質を問う声

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大相撲春場】貴乃花親方 無断欠勤は“確信犯”角界内で資質を問う声


師匠としての「資質」が疑問視されている貴乃花親方

 大相撲春場所初日(11日、大阪府立体育会館)、渦中の貴乃花親方(45=元横綱)が勤務を“ボイコット”して新たな波紋が広がった。同親方は9日に元横綱日馬富士(33)の暴行事件をめぐる日本相撲協会の対応を問題視して内閣府に告発状を提出したばかり。初日は事件の被害者となった十両貴ノ岩(28=貴乃花)が3場所ぶりに復帰し白星発進する一方で、ルール違反により協会から注意を受ける一幕もあった。角界内では弟子の監督責任を含め貴乃花親方の師匠としての「資質」が疑問視されている。

“荒れる春場所”が幕を開けたこの日、貴乃花親方は打ち出し後まで会場の大阪府立体育会館に現れなかった。

 本場所開催中、親方衆は会場に出勤しなければならない決まりがある。各親方は審判や場内警備、チケットのもぎりなど何らかの仕事を担当し、運営に携わることになっている。役員待遇委員の貴乃花親方の場合は、相撲協会の役員室が勤務場所となり、病気などで休場する場合には親方も力士同様に相撲協会へ届け出る必要がある。ところが、貴乃花親方は協会へ連絡も入れずに“無断欠勤”。この日朝に京都・宇治市の部屋宿舎で行われた稽古には姿を見せており、体調不良などが理由とは考えにくい。

 同親方は9日、日馬富士の暴行事件をめぐる相撲協会の対応に「重大な疑義」があるとして内閣府公益認定等委員会に告発状を提出した。翌10日には報道陣の前で「特段変わったことはない。進行中のことが表に出たかなということで、ご理解いただければ。粛々と、淡々とやっていく」と言い放った。一方で、相撲協会の八角理事長(54=元横綱北勝海)は「(内閣府から)いつ話が来ようが、何も。(事件の調査や処分などは)しっかりやってますので、全然問題ない。公明正大にやってます」と受けて立つ構えを見せている。

 すでに「貴VS協会」が全面戦争に突入した中、貴乃花親方が会場に来て八角理事長らが控える役員室に足を踏み入れることは、宣戦布告をした相手国の軍事拠点に単身で乗り込むようなもの。自ら告発状の提出を公にした9日も大阪市内で開かれた理事会を欠席しており、今回の休場は“確信犯”と見ていい。実際、他の親方衆の間では事実上の「ボイコット」と受け止められている。

 親方の一人は「場所に来ないのはあり得ない。自分で協会にケンカを売っておきながら、自分で(協会から)処分される材料をつくっている。いったい、何をしたいのか」と怒りを通り越してあきれ返った。

 さらに、この日は弟子の貴ノ岩が協会から注意を受ける一幕もあった。地方場所ではファンサービスの一環で全関取衆が会場の正面口から入り、観客が待つ通路を通って支度部屋に入る決まりがある。しかし、貴ノ岩は人目につかない体育館の裏手から会場入り。広報部長の春日野親方(55=元関脇栃乃和歌)は「(協会員を通じて)本人に注意はしました。横綱や大関もそうしている」と明かした。

 今回は特別な事情で相撲に集中したい状況だったとはいえ、協会が定めた約束事は守る必要がある。この日の貴ノ岩の行動は貴乃花親方の指示によるものなのか、本人の判断なのかは定かではない。いずれにせよ、ルール違反の最終的な責任は師匠にある。協会関係者からは「こんな状況(貴乃花親方による告発)で場所に出る弟子たちが、かわいそうだ」と同情する声まで上がっている。

 内閣府の週明け以降の対応次第では、土俵上の話題が吹っ飛ぶ可能性もある。角界内では「春場所の営業妨害だ」との批判も出るほどだが、貴乃花親方は次にどんな行動に出るのか。予測不能の動向に注目が集まる。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【向日町GIII平安賞】22日に京都向日町競輪場で開幕!
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信!

【GⅡ共同通信社杯】平原康多が若手の挑戦を受け止め2回目のGⅡ優勝
注目選手のインタビュー、本紙記者の推奨レース予想を動画で配信中!

【GⅢレディース笹川杯】長嶋万記がイン逃げV
注目選手のインタビュー、講談師・ 旭堂南鷹の推奨レース予想を動画で配信中!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

元モーニング娘・加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

艇界きってのアスリート女子・倉持莉々とプロクライマー・大場美和が登場

ファイナルDAY2は9月17日(月・祝)に開催し優勝者が決定します。

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

浜名湖ボート・プレミアムGI「ヤングダービー」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2019サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!