貴乃花親方が内閣府に告発状を提出「相撲協会の対応に疑義」「立ち入り検査を」

2018年03月09日 22時59分

貴乃花親方

 大相撲の貴乃花親方(45=元横綱)が9日、弟子の十両貴ノ岩(28)が元横綱日馬富士(33)から暴行を受けた事件について、日本相撲協会の対応が事業の適正な運営の確保に重大な疑義を生じさせるものだとし、内閣府公益認定等委員会に告発状を提出したと発表した。

 貴乃花親方が報道各社に送ったファクスによれば「日本相撲協会危機管理委員会による本件傷害事件の調査・報告、日本相撲協会の理事会、評議員会、横綱審議委員会による決議・発言等については、不当・不適切にとどまらず、違法なものも存し、公益財団法人としての日本相撲協会及びその各組織の適正な運営には、重大な疑義が生じています」とし、「公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律に基づく立ち入り検査、質問及び適切な是正措置を求める勧告をしていただきたい」と、公益財団法人としての相撲協会を監督する内閣府に届け出たという。

 貴乃花部屋の公式サイトでも、この件について同親方のメッセージを掲載。親方自身が1月4日に相撲協会の理事を解任されたことを踏まえ、「重大な疑義」については相撲協会が行った暴行事件の調査が第三者により行われたものではなく、調査にあたった危機管理委員会は被害者の貴ノ岩の主張を全く反映しておらず「身内による全く不十分な調査と報告をもって済ませようとしています」とした。

 さらに貴乃花親方が理事を解任されたことに「私の理事解任理由とされた事項は、いずれも、法的には解任事由に相当するような理事の職務義務違反になると認めることは困難なものです」とし、解任が不当だとしている。