【大相撲春場所】貴ノ岩 出場は不透明のまま

2018年03月08日 11時30分

稽古中に外の様子をうかがう貴ノ岩

 大相撲春場所(11日初日、大阪府立体育会館)を控えた7日、元横綱日馬富士(33)から頭部などに暴行を受けて2場所連続休場中の十両貴ノ岩(28=貴乃花)が京都・宇治市の部屋宿舎で申し合いを行い、相撲を取る稽古を再開した。出稽古に来た十両隆の勝(23=千賀ノ浦)、同部屋の十両貴公俊(20)を相手に6勝2敗だった。

 得意の左上手を取って胸を合わせての寄りを見せ、最後の立ち合いは頭からぶつかった。隆の勝は「やはり、まわしを引くと強い」と印象を話した。また、8日の朝稽古では幕内貴景勝(21)らと5番相撲を取って4勝1敗。師匠の貴乃花親方(45=元横綱)は8日の稽古後に「ノーコメントで。何もお答えできません」と話し、貴ノ岩の出場の可否については明言を避けた。