松井大阪府知事が稀勢の里にブラックジョーク「投げるだけにしといて。リモコンは…」

2018年02月27日 16時30分

「もずやん」と相撲を取る稀勢の里

 横綱白鵬(32=宮城野)は、大相撲春場所(3月11日初日、大阪府立体育会館)で横綱在位記録で北の湖の63場所を抜いて歴代単独1位の64場所に到達した。26日の会見では「(記録のことを)昨年からずっと思っていた」と感慨深い表情を浮かべた。1月場所は両足親指のケガで途中休場。「右のほうは、ほぼ完治。左もいい状態できている」と回復に手応えを口にした。

 張り手やカチ上げなどの取り口を批判されていることについては「大きく変える必要はないけど、そう言われる以上はできるだけ減らしていきたい」と話した。

 また、左大胸筋損傷などで同じく1月場所を休場した横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)はこの日、大阪府庁を訪問。松井一郎知事(54)から昨年春場所優勝の記念盾などを贈呈された。

 和製横綱は「またもらえるように、しっかりやっていきたい」と復活に意欲。大阪府広報キャラクターの「もずやん」と相撲を取って突き落とすと、松井知事から「投げるだけにしといて。リモコンは…」「(もずやんの傷口を)医療用ホチキスで止めといて」などとブラックジョークが飛び、思わず苦笑いだった。