• 文字サイズ

東スポWebトップ > スポーツ > 相撲 > 【大相撲初場所】1敗死守の栃ノ心 初Vでもジョージア凱旋帰国お預け

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【大相撲初場所】1敗死守の栃ノ心 初Vでもジョージア凱旋帰国お預け


栃ノ心は逸ノ城(右)を寄り切って1敗をキープ

 悲願の初Vでも…。大相撲初場所13日目(26日、東京・両国国技館)、ジョージア出身の幕内栃ノ心(30=春日野)が幕内逸ノ城(24=湊)を寄り切って1敗を守り、初優勝に王手をかけた。栃ノ心は勲章を引っ提げて妻子が待つ母国へ帰国することを熱望しているが、日本相撲協会は不祥事が相次いでいる事情から当面の間は力士らの海外渡航を認めていない。場所後の凱旋帰国は“お預け”となった。

 栃ノ心が逸ノ城を寄り切って1敗を守った。横綱鶴竜(32=井筒)が3敗に後退したため、14日目(松鳳山戦)に勝てば初優勝が決まる。取組後は「いい相撲だった。うれしいですね。自分の相撲が取れた」と納得の表情。賜杯を目前にしても「考えていない。明日のことは明日」と目の前の一番に集中する構えを見せた。

 同じジョージア出身のニノ夫人が昨年11月に母国で長女アナスタシアちゃんを出産。現在も帰国中で離れ離れの生活が続いている。栃ノ心は好成績を残し、今場所後に一時帰国して長女と初対面することを熱望していた。ただ、初優勝を果たしても凱旋帰国を果たすのは先になりそう。相撲協会は不祥事が相次いでいる事情などから、力士らの海外渡航を一時的に禁止しているからだ。

 師匠の春日野親方(55=元関脇栃乃和歌)は「普段から稽古は嫌いじゃないし、努力家。でも、ここまでやるとは」と愛弟子の活躍に目を細めつつも、一時帰国については「今回(初場所後)は研修会とか、いろいろやる予定があるので。ちょっと無理だな。もう少し暖かくなってからのほうがいい」と当面は認めない考えを明かした。

 所属する春日野部屋は、過去の力士の傷害事件が明るみに出て揺れている。単独トップに立った25日には朝稽古が非公開となった。栃ノ心は「そういう(土俵外の)ことは考えていない。一日一日、自分の相撲を取るだけだよ」と話す。

 14日目に勝てば2012年夏場所の旭天鵬以来となる平幕優勝が決まる。もちろん、優勝すればジョージア出身者では史上初。遠く離れて暮らす家族に向けても、最高のプレゼントになるに違いない。

【編集部のおすすめ】

【こんな記事も読まれてます】




【関連記事】


ピックアップ
【サマーナイトフェスティバル】五輪4大会連続出場を目指す渡辺一成が初制覇!
後位から自力に転じた渡辺一成が、当大会初制覇を飾った!

【SGオーシャンカップ】毒島誠が3回目のSG制覇!
コンマ13の好スタートを決めた毒島誠が、2コースから豪快なまくりで抜け出して優勝!

2018サッカーW杯ロシア大会
W杯ロシア大会を総力特集。フランスが20年ぶり2度目の優勝!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「日本財団パラリンピックサポートセンター」スペシャルサポーター・香取慎吾の特別インタビュー掲載(前・後編)

アンカツこと安藤勝己元騎手が今年も登場。ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手は2年連続“登板”!

強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!

野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

今回はボートレース若松SG「第23回オーシャンカップ」

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!